該非判定の方法、法令の読み方を解説します。

該非判定の仕方が分からない。

 

今の該非判定の仕方で大丈夫なのか疑問がある。

 

最近、該非判定書の依頼があったが、どのようにすればいいのか。

 

一般的な話ではなく、自社で使うところの解説をしてもらいたい。

 

御社のご事情に合わせて、必要な部分にフォーカスして、講習のアレンジも致します。

 

これから該非判定を始めようとする企業様、もう少し体制を整えたいと検討中の企業様、

あまり人手を避けない企業様に特におすすめのコースです。

 

最初に無駄なステップを省くことで、スムーズに業務が進むことになるかと思います。

 

詳しくはお問い合わせ頂ければと存じます。

ソフトウェア会社(ソフトウェア開発部署)向け該非判定サポート

ソフトウェアの該非判定はどうすればいいのか?

 

開発拠点が海外にあるけれども、該当技術を無許可で出していないだろうか?

 

技術提供がありすぎて、どのように把握すればいいのか分からない。

 

ソフトウェア会社様からのお問い合わせで多いの上記のものです。

 

海外と技術情報のやり取りをする前に該非判定を行うのが原則です。

 

製品としては非該当のソフトウェアでも、開発中の情報は該当する場合があります。

 

該非判定をしないで、無防備に情報を海外とやり取りするのは、法令違反にもつながります。

 

当事務所では、該非判定の方法、進め方、導入の仕方を始め、

 

至急、自社の情報のやり取りを把握したいというお客様向けに

 

技術者とのヒヤリングを含め、現状を把握し、該非の確認をするサポートも行っております。

 

企業様のご事情に合わせて、効果的なサポートを行っております。

 

法令違反をしないために緊急的に対応したいというお客様にもおすすめします。

 

詳しくはお問い合わせください。

 

▲このページのトップに戻る