輸出許可申請サポート

各種個別の輸出許可申請書の作成を代行いたします。

個別の輸出許可申請につきましては、以下の流れでサポートしております。

 

1、該非判定の結果を確認する。

*許可申請が必要かどうかを確認するためには、該非判定が必須です。

自社の判定が不安である、又は、該非判定ができない場合には、

該非判定の段階からサポート致します。

 

2、判定の結果と輸出先の国等を確認する。

 

3、該当項番と仕向け先の組み合わせにより、申請先と申請書類が決まります。

誓約書など、相手先から所得する必要がある場合もあります。

 

POのやり取り時から考慮する項目もあります。

最初から該当品をやり取りすることが分かっている場合には、

次のステップも考えて取引を行うことが、

その後の申請手続きの手間が楽になることもあります。

 

追加書類が必要な場合も迅速に対応致します。

当事務所は英文での対応も致しますので、スピーディな対応が可能です。

 

具体的なお話をお聞きし、該非判定結果を踏まえて、

業務内容をご案内させて頂きます。

 

許可証が発行されるまでの期間を考慮して、

輸出手続きを進める必要がありますので、

お早めのご対応をおすすめします。

 

ご不明なこと、ご質問があれば、ご遠慮なくご連絡頂ければと思います。

詳しくはこちら

▲このページのトップに戻る