英文契約書作成・翻訳

海外との取引で英文契約の締結を求められた。どうしたらいいのか?

 

取引を始めるための交渉の段階で、お互いの機密情報を開示する必要が出てきます。

そのような場合には、秘密保持義務契約を締結するのが通常でしょう。

日本語契約と英文契約は目的は同じでも記載内容や取り決め方が異なります。

日本人には理解しにくい主張も入っていることもあり、

反対に海外サイドにも理解しにくい日本側の主張というのがあります。

 

お互いが主張しあうだけでは、せっかくの取引も台無しになりますので、

リスクを検討しながらも双方譲り合うポイントを決めることが最終目標になるかと思います。

 

当事務所では、文化の違いを背景とした行き違いや誤解を防ぎ、

お客様のリスクを軽減するようアドバイスさせて頂きます。

▲このページのトップに戻る