PSE表示が必要かどうかの判断をサポート致します。

電気用品安全法は、電気用品による危険及び障害の発生を防止することを目的とし、

「電気用品」の製造・輸入事業、販売等を規制しています。

 

事業者は自主的に製品安全確認を行うという法的義務を負っています。

 

「電気用品」は定義されており、該当する場合には、PSEマーク等の表示が必要になります。

PSEマーク等が表示されていない電気用品の製造、輸入、販売、電気工事の使用は禁止されています。

 

法の規制対象となる製品「電気用品」なのか、

それとも規制対象とならない製品(非対象)なのか、

の判断をサポート致します。

 

技術者は専門分野がございますので、対応できる技術者と連携致します。

 

対象になる場合には、規制の厳しい分類(特定電気用品)なのかそうでないのかで、

手続きは異なります。

 

提携する専門機関がございますので、その後の手続きも含めてサポート致します。

 

まずは、ご連絡を頂ければと思います。

▲このページのトップに戻る